みるママのぼんぼん日記

男児3兄弟のママの平凡な日常を綴ります。

ヤマハ音楽教室幼児科 母の苦悩 次男編 3

こんにちは!

みるママです。

ヤマハ音楽教室次男編です。

 

次男のヤマハ幼児科生活は、3ヶ月ほど経っても母の心労はたえませんでした。

  • 集中力を維持できる時間が短い

f:id:fumifumimama:20200908224629j:plain

  • 先生の話を聞いていない

f:id:fumifumimama:20200908224653j:plain

  • 何度もトイレに行く

f:id:fumifumimama:20200906224200j:plain

  • ふざけて真面目に頑張るお友達を巻き込む

f:id:fumifumimama:20200908224727j:plain

  • 先生に注意される

f:id:fumifumimama:20200908224752j:plain

  • 勝手にしょげる

f:id:fumifumimama:20200908224817j:plain

毎回毎回、次男には振り回されてジェットコースターに乗っているかのように気が休まりませんでした。

 

通いはじめの頃は、こんな感じの次男なので

お友達からも先生からも親御さんからも

なんかやばい奴いるなぁ。。。という感じがあったと思いますが、

持ち前のオープンマインドな明るさと人懐っこさで、

困ったちゃんだけど、憎めない面白いやつというキャラが認識され、

ま、授業の進行を妨げることはないから良しとしてやるか。

と許容されたような空気になり、みるママも少しは気楽になっていきました。

 

f:id:fumifumimama:20200908224840j:plain

 

先生も子供の集中力がある前半の時間に、

その日の一番教えたいことを入れるように構成していて

後半は、復習とか予習のような感じで

参加できなくても大丈夫と言ってくれていました。

 

f:id:fumifumimama:20200908224905j:plain

 

担任の先生は、毎回元気いっぱいテンション高く授業を展開してくれて、

こんな次男のことも見放さず、強制もせず、根気よくやる気スイッチを探して押してくれるので

本当にプロだなと感心しています。

可愛くて真面目で知識も技量も申し分なく一生懸命で妥協しないタイプの先生で

みるママは大好きです。

これまでヤマハ音楽教室に6年ほど通っていますが

担当の先生をはできれば事前に選ぶと良いと感じています。

同じテキスト、カリキュラムでも、やる気も成長も先生によって全く違ってくると思います。

 

f:id:fumifumimama:20200908224937j:plain

 

簡単な判断基準として、小学生のジュニア専門コースを教えている先生は、良い先生が多いと思います。

ヤマハには、先生の免許制度のようなものがあるらしく

ある程度の経験と勉強をされた方がジュニア専門コースの先生になれるようです。

参考になれば幸いです。