みるママのぼんぼん日記

男児3兄弟のママの平凡な日常を綴ります。

ヤマハ音楽教室幼児科 母の苦悩 次男編 5 覚醒

f:id:fumifumimama:20200915235054j:plain

こんにちは!

次男をヤマハ音楽教室幼児科に通わせ、半年が経過した頃のお話です。

 

集中力は長続きせず、気分によってレッスンへの意欲もムラがあり、

毎回、蓋を開けるまでどうなるか分からずハラハラさせられる次男ですが、

彼なりのスピードで着実に進歩はしていました。

右手、左手の区別が7割くらいの確率で当たるようになってきました。汗

数字は1〜9までわかるようになりました。

平仮名は、、、相変わらず読めませんでした。(というか、そこまで手が回らず教えていませんでした。。)

ド、レ、ミ、ファ、ソの場所 理解できました!

 

そんなある日、みるパパが付き添いに行ってくれる日がcありました。

そして帰ってくるなり、次男がめちゃくちゃ泣いていました。

何事だ?!

事情を聞くと、

 

次男がふざけてレッスンの邪魔をしているし

先生の指示も聞いてない。

だから、次に何をやらなくてはいけないか分からなくて

いつも当てずっぽうでやっている。

これじゃ小学生になったときに困るぞ

と。

 

 

確かに。。。

 

これまでみるママが先生の指示や注意を聞いて

次男に教えながらレッスンを受けていました。

 

でも、みるパパはそれをしなかった。(居眠りしていた可能性99%だが・・・)

その結果

次男は、何をしたらいいか分からずレッスンで露頭に迷ってしまったのだろう。

 

みるパパ

「来週、先生に『ふざけてごめんなさい』と必ず謝れ。それから、先生の話を自分で聞いてやるんだぞ。」

次男

「ぶあい!(号泣)ごめんなさい!(号泣)」

 

みるママは、次男がヤマハに行くのを嫌になってしまことを恐るあまり

これまで叱ったりしてきませんでした。。

 

よかった。みるパパに行ってもらって。

 

〜そして1週間後〜

 

ヤマハについて、先生がいつも通りの明るい元気な声で

「こんばんは♪」と挨拶をしてくれました。

すると

「僕ちん、ふざけたから謝らないといけないんだー。」

と照れながら。

 

仕方なくみるママが

「先週ふざけが過ぎたようで、パパに叱られまして・・・」

 

先生「あはは!いーよいーよ、今日も頑張ろう!」

 

結局、次男は謝らなかったけど、、、まいっか。

 

 

〜レッスン開始〜

いつも最初は、先生のピアノの周りに集まって歌います。

 

すると どうでしょう!

 

姿勢よし! 無駄口なし!!

歌声、誰よりも大きく上手い!!

 

だ、だれ??!!  うちの子ですか???

 

 

・・・次男、覚醒した。・・・

 

 

その後も、

エレクトーンを弾く姿勢いいし、

いい感じに弾けているし、

先生の質問にも答えているではないか!

若干 前のめり過ぎて、

「僕ちんもっと弾けるよー!」とか調子に乗ってるところもあるけど

これまでにない姿で頑張っているではないか。

 

 

次男よーーー!やればできるではないか!!

最初から本気出せよーーー!!!

すごいよーー!!!感激だよーーー!!!

 

 

・・・開始30分経過・・・

 

ぽく ぽく ぽく ちーん

 

あ、覚醒おわったわ