みるママのぼんぼん日記

男児3兄弟のママの平凡な日常を綴ります。

ヤマハ音楽教室幼児科 母の苦悩 次男編 7 宿題

f:id:fumifumimama:20200925224255j:plain

こんにちは!

男の子3人のママをしている みるママです。

今回は幼児科に通う次男の宿題&自宅練習の様子についてです。

 

毎回のレッスンでは、必ず宿題が出されます。

例えば、こんな感じの量です。

  • シャムネコきょうだい(歌唱曲) 聞く、歌う
  • だいすきなパン ひく
  • ぼくはおうさま! ひく
  • かえるのうた ひく
  • くもにのって ひく
  • ランランピクニック ひく
  • マグネット「ファ」 5線譜でファの場所を覚える
  • ホームワーク P16、17 

正直、こう見ると結構な量だと感じます。^^;

ヤマハでは、以前に弾いた曲も弾き続けることで弾く力や耳が育つという理由で、

このように過去の曲も宿題に含まれるためボリューミーになります。

ただし、1回の練習時間は5分が目安だそうです。

これを毎日続けるのが理想的だそうです。

 

でもでも!!たった5分間とはいえ、自由人の次男にそんなことができるのか・・・??!!

 

できたんです。><。

奇跡でした。

ヤマハに通っていて苦悩しかなかった中、唯一の救いでした。

 

それはなぜか。。。

 

我が家には、ヤマハ音楽教室のジュニア総合コースに通っている長男がいます。

小学生になって長男は毎日練習するようになりました。

 

おそらく、その背中を見て、次男なりに憧れを抱いて育ってきたので、

次男も自然に毎日ピアノを弾こうとしてくれたのではないかと思います。

 

これは、本当にラッキーでした。

 

長男が幼児科に通っている時、

練習は せいぜい1週間で3日くらいできてたかな。。。程度。

 

ただ、次男は気分のムラがすごくあるし、

好きな曲はたくさん弾くけど、ブームの去った曲は練習してくれないので、

苦労しています。めっっちゃ疲れます。

 

負のスパイラルが始まるからです。

弾かない→忘れる→うまく弾けなくなる→癇癪

 

f:id:fumifumimama:20200920180704j:plain

毎度お決まりの癇癪

次男

「もうできないーーー!泣!終わりにする〜ー!!(ピアノをゲシゲシける)」

 

癇癪モードになると

みるママが「ここは、シファソだったよね」と教えても

次男「うるさーーーい!もうわかんないーー!!おしまいーー泣」

と収集つかなくなります。

 

みるママの心に余裕のある時はまだいいのですが、

基本的に余裕はないし、怒りやすい人間なので、、、

 

・・・・ブちっ・・・ばんっ(みるママが本を叩く音)

 

みるママ

「あーーー、イライラする!もう、今日は終わりでいいです!!ゲームもなしね!!」

次男

「ぎゃーーーーーー!お母ちゃんのバカーー!包丁で刺すっ!!」

三男

「きゃーーーーー(次男の叫び声にびっくりして泣き出す)」

長男

「大丈夫だよ〜。怖いね〜。(三男を抱き上げてあやす係)」

 

・・・しばしカオス・・・

 

のパターンなのです。

ま、みるママは短気なのです。

短気は、自分の弱点であることも認識済みだけど、直せないので自己嫌悪。

 

両手の曲を弾くようになり、

練習をしないと簡単には弾けなくなってくる幼児科1年目の後半から、

宿題風景はこんな感じです。

 

 
人気ブログランキング